なぜ、足の付け根が黒ずむのか?

足の付け根,黒ずみ,対策カ?イト?

女性は、美容ケアを怠らないものですが、意外とノーマークになりやすいのが足!

足の付け根は意外と黒ずんでいるもので、夏場の素足になる時期には目立ってしまいます。
では、なぜ、足の付け根は黒ずんでしまうのでしょうか?
あまり知られていないのですが、実は、体の中で血流が悪くなる箇所は、足の付け根なのです。
ふくらはぎや太ももは、心臓から遠い位置にあるので、むくみやすいとされていますが、足の付け根も同様、血流は常に悪くなりやすいのです。
血流が悪くなると、むくみやすいと言うのはよく聞きますが、それと同様に、黒ずみにもなりやすくなります。
又、足の付け根は、下着や洋服で擦れやすく、薄い皮膚が擦られることで、摩擦を受けるのです。
激しい運動だけでなく、普段の生活の中でも間接の近くは、体の曲げ伸ばしで動き回ることが多いので、その度に、皮膚と皮膚がこすれ合うこともあり、益々摩擦は起きます。
皮膚内組織としては、何とか皮膚を保護しようとするので、メラニン色素が多く働き、沈着して、黒ずんできます。
これが、足の付け根の黒ずみとなってしまうのです。
皮膚科にて治療をすれば、的確なケアが出来ますが、自宅でも正しいケアをしていけば、皮膚科に行く必要はありません。
それは、普段の生活の中で十分改善されるのです。
どの箇所の黒ずみでもそうですが、一度出来てしまうと、なかなか解消するのが難しいのが黒ずみであり、治すには時間がかかります。
その為、普段から、肌の摩擦を避け、美白ケア化粧品を使い、美肌を作る食材を中心とした食事を心がけるようにしましょう。
外部参考(産後のデリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因は?
http://www.clearsightav.com/

下着や洋服の擦れか?原因!?より良い対策とは?

足の付け根,黒ずみ,対策カ?イト?

足の付け根の黒ずみの原因は、色々あるのですが、その中でも原因率が高いのが、下着やジーパン等の締めつけです。

足の付け根に下着やジーパンのゴム部分が当たりと、黒ずみの原因になってしまうのです。
そこで、下着選びは慎重に行う必要があり、例えば、足の付け根にゴムが当たらないような下着、つまり、ハイレグのような深い切れ込みが入ったタイプの下着を身に付けることです。
ジーパンやぴったりしたズボンも、肌への負担が大きくなるので、出来るだけ避け、スカートを履く機会を増やすことです。
又、昔よりも太ってしまうと、足の付け根は肌と肌がこすれ合いやすくなるので、摩擦が生まれ、より黒ずみが増してしまうのです。
勿論、体重が増えると、黒ずみは、足の付け根だけでなく、脇や首と言った箇所にまで及んでしまいます。
その為、痩せる努力も必要ですが、このダイエット方法によっても、注意が必要で、過激なダイエットは、ホルモンバランスを崩してしまうので、メラニン生成が増えてしまいます。
過度な運動やきつい食事制限をしないように心がけ、きつめのズボンや下着を履く際には、肌をガードするクリームを塗って、刺激を緩和させましょう。
ターンオーバーを促進する専用クリームは、黒ずみ対策にもなるので、こういったズボンや下着の締めつけクッションとしても、利用出来ますから、一石二鳥でしょう。
自身の下着やズボンがぴっちりしてないか、窮屈ではないか確認してみてください。
そして、出来るだけ家にいる時は、ゆったりした服と下着を身に付けるようにしましょう。

過剰なケアて?黒ずみを助長!足の付け根て?注意すべき点とは?

足の付け根,黒ずみ,対策カ?イト?

足の付け根は黒ずみやすく、女性の多くがそれを実感している人が多いでしょう。

しかし、実際にはそれを分かっていても、なかなか改善出来ない人が多く、間違ったケアが黒ずみを助長させてしまっているのです。
それは、過剰なケアであり、お風呂の際に、気になる足の付け根を綺麗にしたいと、ゴシゴシと泡立てたスポンジで体を洗う人がいますが、これはタブーとされています。
特にナイロン製のタオルは、目が粗く、肌を傷つけてしまうので、刺激を受けた肌は、防御反応を起こし、メラニン色素を益々増やしてしまうのです。
黒ずみは、刺激に対して増えるメラニン色素が原因なので、綺麗にしようと洗っているつもりが、逆効果になってしまうのです。
又、いくつも化粧品を組み重ねたり、いくつのも美白サプリメントを愛飲することは、かえって肌にも胃腸にも負担がかかってしまうので、ある程度は抑えた方が良いのです。
自然に近い形で、過剰なケアをせずに、足の付け根の黒ずみを除去していくべきです。
顔の角質と違い、足の角質は分厚くなりやすいので、必然と強くゴシゴシあらってしまいがちですが、これは、上記のようにメラニンを増やす結果であり、出来れば、体を洗う時はマッサージをするように、タオルを使わず、素手で洗った方が良いのです。
きめ細かく泡立てた泡で角質を取り除く感じで、やり残した感がある程度が理想です。
しかし、やはりそれだけでは、しっかりとした黒ずみケアにはならないので、2週間に1度程度の角質落としが良いでしょう。
足の角質落としには、ベビーフット等がありますが、刺激が強いので、毎日使わないようにしてください。
普段は、締めつけのきつい下着や洋服、靴下や靴は避けて、出来るだけゆったり目のものを着て、摩擦を抑えるようにしましょう。